DTMレッスン教室

*

Macからオーディオインターフェースの音が出ない際に確認する方法

   

Macで音が出ないトラブルは、正しい設定をとれば必ず解決します。

今回は、オーディオインターフェースから音が出ない際や、音の再生がおかしい際に確認する場所をご説明します。

※Mac OSX 10.6以上のバージョン解決法

オーディオインターフェースから音を出す設定

サウンド

左上のアップルボタンから

システム環境設定

サウンドをクリック

マックサウンド

すると、下記Windowに切り替わります。

マックサウンド出力

上記の出力を選び、

サウンドを入力する装置を選択 で、「お持ちのオーディオインターフェース」を選びます。

※教室のMacでは、RMEのbabyfaceを使用しているので、それを選んでいます。

※内蔵スピーカーにしていると、Mac本体からでます。

こうすることで、インターフェースから音が出るように鳴ります。

 

音が左か右に偏っている

音が右からのみ、または、左からのみの状態でしたら、バランスの部分が中央になっていない可能性があります。

マックサウンドパン設定

その際は、中央になるように設定します。

 

音が中央から(モノラル)しか鳴らない

左上のアップルボタンから

システム環境設定のアクセシビリティ

すると下記Windowが出てきます。

Macサウンドの設定Stereo

上記オーディオ

「ステレオ・オーディオをモノラルとして再生」に、チェックが入っていないかを確認

 

シーケンスソフトから音が出ない際

Cubaseのデバイス設定

詳しくはこちらに記載しておりますので、ご確認ください『CUBASEの音を出す設定をしよう!デバイス設定

 

まとめ. 音が出ない際は、設定が正しくないので確認しよう

Macで音が出ない際の確認方法をご説明しましたが、一つづつ見ていけば必ず音は出ますので、焦らずおこなってくださいね。

【関連】MacでDTMをする際のカスタマイズ

【関連】CUBASE講座

 

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - DTM, Mac DTM

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top