DTM Mac Windows カスタマイズ

Windows サウンドの設定 AudioInterfaceから音を出す方法

更新日:

Steinberg UR22 mk2やTASCAM US44 mk2、そしてROLANDのQUAD-CAPTUREなど、色々なオーディオインターフェースがあります。

これらオーディオインターフェースで、CubaseやFL STUDIOなどのシーケンスソフトの音を鳴らすのはもちろんですが、YoutubeやWindows MediaPlayerなどの音も鳴らすことも出来ます。

また、流行のハイレゾ音源も当然のことながら再生することが出来ます。

本日は、Windowsでオーディオインターフェースの音を鳴らすための、サウンドの設定方法を解説します。

※Windows7、8、10対応記事

スポンサーリンク

Windowsのサウンドの設定

Windows7は、左下のスタートから

コントロールパネル

Windows8

左下のスタートの上で右クリック → コントロールパネル

Windows10

Windows10は、下記検索ボックスにコントロールパネルと入力

win10コルタナ

 

すると、下記ウィンドウが表示されると思います。

コントロールパネル

右上の四角い枠の表示方法をクリックして、大きいアイコンを表示

下記アイコンになりますので、その中からサウンドを見つけてクリック

コンパネサウンド

 

 

そうすると、サウンドの設定ウィンドウが出ます。

オーディオインターフェースを接続する方法

サウンドの設定

左上にタブが4つ「再生、録音、サウンド、通信」あります。

その中の再生タブをクリック

次にスピーカーと書いてある部分をクリック

最後赤い枠の規定値に設定をクリックで、オーディオインターフェースから音が出るようになります。

 

では、Windows Media PlayerやiTunesで試してみてください。

どうでしょうか。鳴りましたか♪

 

まとめ. YoutubeやWindowsの音も高音質で楽しもう

オーディオインターフェィスから音を出すことで、より高音質なサウンドで音楽を楽しめます。

今回の設定を、一つひとつ見ながら行ってみてくださいね。

【関連】【DTM講座】ソフトや機材 その他

【関連】DTMの基本用語を、簡単に覚えよう!

【関連】DTM PCを安定化する方法①ユーザアカウント制御

-DTM, Mac Windows カスタマイズ

Copyright© DTMレッスン教室 , 2018 All Rights Reserved.