DTMレッスン教室

*

Groove Agent SEでドラムMIDI打ち込みをしよう

   

DTM初心者の為の講座第5回です。

※Cubase Pro 8を使って説明しています

1. ドラムのMIDI打ち込みをしてみよう

ドラムはMIDIのパターンが色々と入っておりますが、ドラム単体で聴くと格好いいのですが、曲の中ではドラムがうるさすぎて合わせられません。

そうなると、1から入力をするのか、参考になるパターンを出して中を調整するのかのどちらかになると思います。

今回は、鉛筆入力で基本的なリズムを打ち込みして見たいと思います。

1-1 Groove Agent SEの出し方

まずは、VSTインストゥルメントにGroove Agent SEを出しましょう。

出し方は、メニューから

デバイス

VSTインストゥルメント
※ファンクションキー(F11)で表示できます。

VSTインストゥルメント選択画面

次に、Rack Instrumentsをクリック

Drumの+をクリックして、Groove Agent SEを選択

作成

すると下記の画面が表示されると思います。

Groove Agent SE

 

次に、下記赤い部分をクリックして、Pop Kit 1を選びます。

POPKIT選択

そうすると、ドラムの音が出せる状態になります。

 

1-2 鉛筆入力でMIDI打ち込み

ではまずMIDIパートを書いていきましょう。

前回のPIANOで行ったように、ツールバーの鉛筆で赤い部分を作ります。

詳しくはこちらを「 Cubase ピアノでコードのMIDI打ち込みをしよう

ドラムMIDIパート

そしてMIDIパートが出来たら、それを選んでキーエディターの画面を開きます。

ドラムクオンタイズ

開いたら、上にあるクオンタイズで1/8を選びます。

ではいよいよ超基本的なリズム(BD、HH、SN)をMIDI入力をしましょう。

まずは、

BD(バスドラム)

1小節目からC1の欄にMIDI入力しましょう。

バスドラム入力

次は、

HH(ハイハット)

1小節目からF♯1の欄に8分音符でMIDI入力しましょう。

ハイハット入力

最後は、

SN(スネア)

1小節目からD1の欄に、2拍4拍目の位置で4分音符でMIDI入力しましょう。

スネア入力

上記のようになりましたか。

出来たら、8小節のパターンに変えて見ましょう。やり方は「Ctrl + A」で全選択を選びます。

次に、Ctrl + Dを1回押すと反復複製になります。

それを合計7回行えば、下記のように8小節のドラムパターンが出来上がります。

GAOドラムパターン8小節

 

まとめ. ドラムのうち込み方を学ぼう

ドラムの基本的な打込み方法を学びましたが、大切なことは自ら打込みを行って基本操作を覚えて行くことです。基本が分かれば徐々に細かい所も分かっていきます。

【関連】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

【関連】DTM音楽理論講座

内容が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, ソフト・エフェクト

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top