DTMレッスン教室

*

音の強さ 長さを調整する 情報ライン(大切)

   

Cubaseで、MIDI打ち込みをする際に良く使用する機能の説明です。

例えば、キーエディターで音の強さ(ベロシティ)を調整する際、下の部分の棒線を調整していませんか。また音の長さ(デュレーション)も、マウスで調整していませんか。

今回は、音を細かく微調整する上で上記の方法よりも、よいやり方のご説明をします。

 

※Cubase全バージョン対応の内容です

Cubaseの情報ラインとは

Cubase全体を管理する「プロジェクト画面」や、MIDI編集画面の「キーエディター」で、細かく音を調整する際、情報ラインを使用します。

その中の今回は、「キーエディター内」の説明です。

 

下記情報ライン画面

キーエディター情報ライン

この中で大切な部分は、開始長さ、そしてベロシティ-3カ所です。

 

キーエディター内

キーエディターMIDI

まずは上記のように、音を選択するとMIDIノートが黒くなり、その選んでいるMIDIノートの情報が下記の赤い枠情報ラインに表示されます。

キーエディター情報ライン左

左の開始の部分(音のタイミングを調整)

開始位置見方

  1. 小節番号
  2. 1表 2裏
  3. ティック

上記の4つの情報が表示されています。

左から、2小節目の、1拍目の、表の、0ティック

もしも分からない際は、飛ばしても大丈夫。またCubaseの使い方に慣れてから見れば分かるようになります。

 

では、下記の画面で再度全体を確認しましょう

MIDIの開始と終了

開始

のMIDIノートの始めの部分の位置情報のことです。

終了

のMIDIノートの終わりの部分の位置情報が記載されています。

長さ:(音の長さを調整)

①から②までのMIDIノートの長さの情報。

ピッチ

音の高さ。(見なくてもいい)

ベロシティ(音の強さを調整)

0から127で音の強さを変えられる。

1は最も弱い ~ 127は最も強い

チャンネル

MIDIチャンネル番号(見なくてもいい)

 

下記画面の右部分は、

キーエディター情報ライン右

  • オフベロシティ
  • アーティキュレーション
  • リリースの長さ
  • ボイス
  • テキスト

とありますが、使わなくても良い部分ですので無視しても大丈夫です。

 

まとめ. MIDI打ち込みの初心者からステップアップする際に必ず使用

今回の調整やり方は簡単かつ全体を効率的に行えますので、しっかりと理解してくださいね。

【関連】音量やピッチを上手に調整するやり方(大切)

【関連】CUBASEの便利なショートカットキー

【関連】Cubase インスペクターの基本設定(大切)

 

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase基本操作

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top