Cubase Cubase便利な使い方

【Cubase講座】バックアップファイルの開き方

更新日:

キューベースバックアップファイル

Cubaseで作業していると、15分おきで自動的にバックアップファイルが作られます。

バックアップファイルの数や時間を変えるのは、『 環境設定でCubaseを使いやすくカスタマイズしよう 』で出来ます。

プロジェクトファイルのトラブルで以前のファイルに戻りたい、また、前のMIDIフレーズを消したのち一度保存してしまったが、前に作ったフレーズに戻りたい場合などに便利です。

※Cubase Pro 9以下、全バージョン対応の内容です。

スポンサーリンク

DTMレッスンメイン

バックアップファイルの開き方

バックアップファイル2

まずは、メニューの

キューベースメニュー

ファイルから

開く

すると下記画面(ウィンドウ)が表示されると思います。

プロジェクトを開く

次に、上記赤い矢印ファイルの種類の所をクリック

そこの、「全てのファイル:(*.cpr,*.npr,*.steinberg-project,*.steinberg-project-pack,*.nlpr,*.bak)」

もしくは、

「全てのファイル(*.*)」どちらかを選んでください。

 

すると下記画面(ウィンドウ)に変わると思います。

バックアップファイル表示画面

画面内の、「.bak」という拡張子ファイルがバックアップファイルです。

それを選んで開けば、過去のプロジェクトファイルが開きます。

WIN,MAC共に、更新日時を見ればいつのバックアップか分かりますので、確認して見てくださいね。

 

まとめ DTMでの制作に集中出来ます

DTM(Cubase)での、作曲・編曲・ミックスなどの作業は、以前のファイルに自由に戻れるのがとても便利です。

今回のこの方法を覚えておけば、自動的にファイルが出来ていきますので、ファイルが壊れても安心して作業が出来ますよ。

関連【Cubase】:Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

関連【Cubase】:前に作った曲(プロジェクトファイル)の開き方

DTMレッスンメイン

DTMレッスンメイン

-Cubase, Cubase便利な使い方
-

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.