Cubase Cubase便利な使い方

前に作った曲(プロジェクトファイル)の開き方

更新日:

キューベースのプロジェクトファイル

Cubaseを新規ファイルで立ち上げて、その後保存をすると出来るファイルを、プロジェクトファイルと言います。

作ったファイルを保存でき、そして以前の作業を再開できます。

今回は、このやり方をご説明していきますね。

※Cubase Pro 9以下全バージョン対応です。

スポンサーリンク

DTMレッスンモバイル

プロジェクトファイルの開き方

Cubaseメニューバーから

ファイル

ファイル※上記赤い部分

開く

すると下記画面(Window)が出ると思います。

プロジェクトを開く

前回保存したファイルの場所を探します。

Windowsでは、ドキュメント → Cubase Projects → フォルダ名の中へ、プロジェクトファイルが入っていると思います。
MACでは、DockのFinder → Cubase Projects → フォルダ名になります。

 

下記画面の、赤い矢印がCubaseのファイルです。それをダブルクリックで開きます。

プロジェクトを開く2

 

 

前回、どこに保存したか分からない場合

同じくメニューの

キューベースメニュー

ファイル

下記画面の赤い矢印の部分 最近使用したプロジェクト という所にマウスを持っていく。

最近使用したプロジェクト

 

すると右の部分の中に、あなたの最近作ったプロジェクトがあると思います。

それを選べば、以前作ったファイルが開けます。

 出来ましたか。

 

まとめ. 保存は忘れずにしよう

この方法を覚えれば、途中まで作った所からいつでも作業を再開出来ますので、覚えておいてくださいね。

【関連】【Cubase講座】バックアップファイルの開き方

【関連】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

DTMレッスンモバイル

-Cubase, Cubase便利な使い方

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.