Cubase Cubase初期設定

CUBASE 新規プロジェクトの正しい作り方

更新日:

CUBASE新規プロジェクト

前回の記事は、「 CUBASEの音を出す設定をしよう!デバイス設定

さてCubaseを立ち上げたら、まずは新規プロジェクトという、作業ファイルを作らなくてはいけません。

この作り方は、6.5以上のバージョンとそれ以下ではやり方が若干違いますが、今回はCubase 6.5以上での正しい作り方をご説明します。

スポンサーリンク

DTMレッスンモバイル

新規プロジェクトの作り方 Cubase6.5以上のバージョン

Cubaseを立ち上げた状態か、

または、

CUBASEの上にあるメニューの中の、

メニューのファイル

ファイル

新規プロジェクトを選択

すると下記画面が表示されると思います。

新規プロジェクトの作り方

次に、のその他

のEmpty

③超大切な保存先の指定

ここをクリックすると

規定の場所を設定という画面(Window)が出ると思います。

規定の場所を指定

※ここで、これから作る保存先の場所を指定します。

ハードディスクにCubase専用のフォルダを作って、その中にプロジェクトファイルを貯めていくとよいです。コンピュ-ターの中などを選びます。

※データーを持ち運ぶ際は、USBリムーバブルディスクの中を選びます

 

もしも、作り方がわからない場合は、マイ ドキュメントにある「Cubase Projects」という場所を選んでください。

フォルダを作ったらそれを選択してOKです。

はプロジェクトのフォルダ名になります。日付や曲名など入れてください。

 

最後、作成をクリックすると、プロジェクトファイルが立ち上がります。

 

まとめ. 保存先の指定は必ず確認しよう

始めの基本的な設定ですが、ここの保存先を適当に選ぶと、後に曲の数が多くなった際に、作った曲がどこに行ったのか分からなくなったり、また、オーディオファイルの管理が複雑になります。

保存先の指定はとても大切ですので、しっかりと内容通り設定を行ってくださいね。

【関連】CUBASE講座

【関連】VSTコネクションの設定をしよう

【関連】CUBASEのプロジェクトの設定をしよう(大切)

DTMレッスンモバイル

-Cubase, Cubase初期設定

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.