DTMレッスン教室

*

【オートスクロール】画面が切り替わらないのですが

   

今回は、生徒の皆さまに良く聞かれる、再生中にCubaseの画面が移動しない際のやり方をご説明します。

下記は生徒のご質問ですが、参考になるかも知れませんので掲載しております。

お世話になっております。

先日の新曲をつくっているのですが通常の画面では、オートスクロールするのですが、キーエディターの画面にすると画面がきりかわりません。

つまりオートスクロールできないのですが何が原因か。想定される事で結構です。教えていただけますか。

 

田口講師

オートスクロールというのは、再生している際に画面が自動的に切り変わる機能の事ですが、これは下記キーエディター画面の赤い矢印を押すことによって使用できます。

キーエディターオートスクロール

 

ちなみに、プロジェクト画面キーエディター画面のオートスクロールは、それぞれ別々に設定をします。ただし、設定の仕方は全く同じです。

では、プロジェクト画面でのやり方をご説明しますね。

※Cubase Pro 8以下、全バージョン対応内容

オートスクロールの設定

下記画面(メニュー → メディアの下辺り)の、

オートスクロールオールオフ

赤い矢印① オートスクロールボタン

役割:画面が再生カーソルに合わせて移動する機能

赤い矢印② 編集中はオートスクロール機能を停止するボタン

役割:再生中に編集作業を行うと、オートスクロールが停止する機能

この2つでコントロールします。

 

オートスクロールのみオン

下記赤い矢印のように設定すると、再生中に画面も一緒に移動していきますが、

オートスクロールオン

この方法はあまり使いません。

 

下記の方法で設定を行います。

両方のアイコンボタンをオン

今度は、下記赤い矢印のように設定すると、再生中に画面も一緒に移動していきますが、

オートスクロールオールオン

 

再生中に、何か編集作業を行うと、下記画面のようにボタンの色が変わり、

オートスクロールオールオフ

何か編集を行っても、オートスクロールしなくなります。

そして一度停止などすると、元の状態に戻ります。

 

まとめ:作業効率を上げるために設定しよう

Cubaseは、色々な機能が付いていますが、今回の設定は基本です。覚えておきましょう。

関連【Cubase】Cubaseでコピーアンドペーストをするには

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase基本操作

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top