DTMレッスン教室

*

Cubase ピアノでコードのMIDI打ち込みをしよう

   

Cubase初心者のためのDTM講座 第4回 です。

前回まで『Halion sonic SEを使って音を出して見よう』で、無事に音源を出せたと思いますので、今回はいよいよピアノの音を使ってコード進行を入れていきましょう。

※Cubase全バージョン対応の内容です

1. コードの打ち込み方法

まずは、MIDIトラックに名前を入力する所から始めましょう。

その前に、トラックに名前を書いておきましょう。
書き方は、下記MIDIトラックの赤い枠をダブルクリックして記入します。トラックネームの書き方ピアノ

今回は、ピアノを入れますのでPIANOと入力しましょう。

 

1-1 MIDIパートを作ろう

MIDIパートの書き方は、ツールバーの鉛筆を選んでMIDIトラックの先頭から右へドラックして離します。

これを、具体的に見てみましょう。

まずは、下記ツールバーの鉛筆を選ぶ。

ツールバーの鉛筆

次に、PIANOのMIDIトラックの先頭で左クリックを押す。

MIDIパート先頭

そのまま左クリックを押しながら、右へ引っ張る。

MIDIパートドラッグ

そうすると、下記のようにMIDIパートが出来上がります。

MIDIパート終わり

出来たら、そのままMIDIパートをダブルクリックで開けます。

 

1-2 コードを打ち込もう

打ち込みをするに当たって、まずはキーエディターの左上のツールバーの鉛筆を選びましょう。

キーエディターの鉛筆

次に、真ん中の赤い枠のクオンタイズを1/1に設定しましょう。

クオンタイズ設定

それでは、鉛筆を使って基本的なコード進行を入れてきましょう。

CM(C,E,G) → FM(F,A,C) → Dm(D,F,A) → GM(G,B,D)
のコードを入れてみましょう。

入力するところは、C3付近に入れていってください。

キーエディターコード

入力したら再生してみてください。

どうですか鳴りましたか。

 

まとめ. 打ち込み方法を学ぼう

今回は基本的な部分のみをご説明しましたが、MIDIの打ち込みは奥が深いです。まずは基本からしっかりと学んでいきましょう。

【初回講座】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

【関連】Cubase インスペクターの基本設定(大切)

【関連】Cubase スナップ(位置補正)の使い方

 

内容が参考になったらいいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase基本操作

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top