DTMレッスン教室

*

音楽理論 メジャースケール(長音階)を覚えよう【大切】

   

DTM音楽理論講座 前回は『 音楽理論 音程(おんてい)とは 』でした。

今回は、いよいよ大切なメジャースケール(長音階)をご説明したいと思います。

1. メジャースケールの覚え方

Cメージャースケールは、Cがルート(根音)のメジャースケールで、

鍵盤で押える音は、
Cから順に、
D
E
F
G
A
B
のこの7つの音になります。

CDEFGAB

 

スケールの覚え方は、ルート(C)から + 全 + 全 + 半 + 全 + 全 + 全 + 半  です。

全音と半音でのスケールの覚え方

音楽理論を勉強したことがある人は、聞いた事があると思います。

これは、鍵盤の場所の数(基本12カ所)だけスケールがありますので、おさえる場所が12個ありますが、調号に合わせて呼び方が変わるともっと多くスケールがあります。

 

音域

それと次に覚えなければならないのが、ルートのCからのそれぞれの度数です。

それぞれの度数

CからDまでの音程(度数)を長2度(全音)
CからEまでの音程(度数)を長3度
CからFまでの音程(度数)を完全4度
CからGまでの音程(度数)を完全5度
CからAまでの音程(度数)を長6度
CからBまでの音程(度数)を長7度
Cから次のCまでの音程(度数)を完全8度

これを覚える事が大事になります。

 

2. スケールと一緒にコードを覚えよう

スケールはスケールだけで終わらせると頭に定着しないので、一緒にコードも覚えて行くと良いです。

コードを覚える際に必要になるのが、スケールを番号で覚えることです。

まずは、先ほどの度数の番号を見てください。

それぞれの度数

ルートを1番と考えて、

  • 2度を2番
  • 3度を3番
  • 4度を4番
  • 5度を5番
  • 6度を6番
  • 7度を7番
  • 8度を8番

と考えます。

次に今覚えたことを理解するために、下記の2つのコードを覚えましょう。

CM(シーメジャー)
CM7(シーメジャーセブンス)

ではこれらのコードを押えてみましょう。

 

2-1 CMコード

シーメジャーコードは、メジャースケールの番号では、

  • 1 ルート(C)
  • 3 長3度(E)
  • 5 完全5度(G)

を押えるとこのコードになります。

CMコード

まずは、スケールを弾いてみてからコードをおさえてみてください。

できましたか。

 

2-2 CM7コード

シーメジャーセブンスコードは、メジャースケールの番号では、

  • 1 ルート(C)
  • 3 長3度(E)
  • 5 完全5度(G)
  • 7 長7度(B)

を押えるとこのコードになります。

Cメジャーセブンス

 

このようにスケールとコードをつなげて覚えれば理解が早くなります。

 

まとめ. スケールとコードはセットで覚えよう

コードまで覚えることが出来ましたか。まずは覚え方が大切になります。これらをしっかりと覚えれば音楽理論に対する理解が広がっていきますので、弾いたりしながら色々な方法で理解していきましょう。

【関連】音楽理論 音程(おんてい)とは

【関連】音楽理論 音名(おんめい)を覚えよう

大事な所ですので、頑張って覚えてくださいね♪

 - コード理論, 音楽理論

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top