Cubase Cubase便利な使い方

CUBASEの便利なショートカットキー

更新日:

CUBASEを使用する上で、マウスだけで作業を行っていると、作業効率が悪く、また長時間曲作りを行っていると右手が疲れませんか。

そこで、効率よく曲作りをする際、覚えておくとよいのが、キーボードのショートカットです。

今回は、最低限覚えておくと便利な機能を説明しますね。

※Cubase Pro 8以下全バージョン対応記事です。

スポンサーリンク

DTMレッスンメイン

キーボードショートカットキー一覧

キーボードのテンキー

キーボードの右の部分です。

ノートパソコンやMacノートには、機能がついていない物がありますが、その際は、読み飛ばしてください。

 

 

キーボードのテンキーの部分

ENTER 再生
0 停止
早送り
巻き戻し
Shiftを押しながら + 高速早送り
Shiftを押しながら - 高速巻き戻し
録音
サイクルの オンとオフの切り替え
. プロジェクトの先頭に
1 ロケーター右の位置に
2 ロケーター左の位置に

 

キーボードのテンキー以外の部分

キーボード中央部分

H 画面横幅拡大
G 画面横幅縮小
J スナップ(位置補正)のオンとオフの切り替え
F オートスクロールのオンとオフの切り替え
Ctrl + A 画面上のデータ全選択
Ctrl + Z ひとつ前にした作業に戻る
Ctrl + D 反復複製
Spaceキー 再生・停止

 

キーエディタ内(MIDI入力画面)のショートカット

キーエディター

MIDIデータ(ノート)を選んでから、入力キーボードの部分の

shift + ↑ 1オクターブ上へ移動
shift + ↓ 1オクターブ下へ移動
半音上へ移動
半音下へ移動

 

まとめ

以上、覚えておくと作業効率が上がりますので、ぜひ覚えておいてくだいね。

注意! 日本後入力だとショートカットが使えなくなりますので、お気をつけ下さい。

さらに便利なCubaseのショートカットキーは下記リンクへ。
『 Cubaseの便利なショートカットキー応用編!

【関連記事】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

【関連記事】CUBASE講座

DTMレッスンメイン

DTMレッスンメイン

-Cubase, Cubase便利な使い方

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.