Cubase Cubase便利な使い方

トランスポートパネルをカスタマイズしよう!

更新日:

CUBASEのトランスポートパネル

前回の記事は、「 トランスポートパネルをカスタマイズしよう!

ここからは、Cubaseを使用する上で便利な方法を説明します。

今回は、再生や停止・録音、クリックを入れたりやテンポを変えたりまた、CPUやディスクの使用率などを確認したりなど、良く使用する事になるトランスポートパネルのカスタマイズです。

ここの無駄な物を少なくすると、作業効率が上がりますよ。

※Cubase Pro 8以下全バージョン対応記事

スポンサーリンク

DTMレッスンモバイル

トランスポートパネルのカスタマイズ

まずはトランスポートパネルを表示させましょう。

下記メニューの、

トランスポート

トランスポート

トランスポートをクリック。

すると、下記パネルが表示されます。

トランスポートパネル

 

この機能を使用しよう

次に、トランスポートパネルの上で右クリックすると、下記の画面が表示されると思います。

トランスポートパネルカスタマイズ

 

生徒の皆さんには

・パフォーマンス

・ロケーター

・メイントランスポート

・メイン+同期

・マーカー

・オーディオ状況

この6つが始めに良く使用する機能ですので、ここにチェックを入れることを勧めています。

 

ちなみに私はというと、

・パフォーマンス

・メイントランスポート

・メイン+同期

・オーディオ状況

上記で説明した、ロケーターとマーカーはショートカットで使用するので、この4つにチェックを入れて使用しています。

 

設定をしたら、トランスポートパネルのサイズが縮まって、スマートではないですか。

今回の設定はこれで終わりです。

 

まとめ. 画面を上手く利用するためにカスタマイズしよう

トランスポートパネルをカスタマイズすると、作業範囲が広がり便利になります。

特に大きめのモニターを使ってない人は、画面を広く使えるようになるのでより便利だと思います。ぜひ試してみてください。

次の記事は『 Cubaseの便利なショートカットキー

【関連】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

【関連】前に作った曲(プロジェクトファイル)の開き方

【関連】CUBASE講座

DTMレッスンモバイル

-Cubase, Cubase便利な使い方
-

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.