DTMレッスン教室

*

CUBASEの音を出す設定をしよう!デバイス設定

   

さあCubaseを始めて立ち上げて、すぐに音を出したいところですが、まずは最初に行っておかなければならない設定があります。

それは、オーディオインターフェース(音を再生・録音する機器)から音を出す設定です。

Cubaseではその設定を下記の場所で行います。

※Cubase全バージョン対応の内容です。

デバイス設定

※オーディオインターフェースのドライバが、あなたのパソコンに正しくインストールしてあり、それがパソコンに接続されている必要があります。

 

デバイス設定の方法

まずは、Cubase上部メニューの中の

メニューデバイス

デバイス

デバイス設定をクリックします。

すると下記のウインドウが出ると思います。

デバイス設定のASIOドライバ

上記の画面の、赤い矢印①の「VSTオーディオシステム」をクリックしてください。

そうすると画面が上記の表示に変わると思います。

 

次に、赤い矢印②の「ASIOドライバ」の欄をクリックしてください。

そうしたら、あなたのパソコンに接続してある「オーディオインターフェース」の名前があると思いますので、それを選択してください。

※ここにオーディオインターフェースのドライバが表示されていない場合は、ドライバがあなたのパソコンに正しくインストールされていない可能性があります。

その際は、もう一度オーディオインタフェースのドライバをインストールしてくださいね。

 

詳細設定

詳細設定

マルチプロセッシングを有効化

詳細設定の、ここにチェックが入っているかを確認。

ASIO-Guardを有効化

同じくチェックを入れる。

ASIOーGuardレベル

これは、使い勝手が変わってきます。

NOMALが一番よいです。

 

後はデフォルトの設定で大丈夫。

すべての設定したらOKを押して終了です。

 

まとめ

CUBASEを使う前の最初の設定です。

ここをしっかりと行わなければ、音が正常に再生・録音出来ませんのでしっかりと行いましょう。

【関連】CUBASE 新規プロジェクトの正しい作り方

【関連】Cubaseでソフトウェア音源やエフェクトプラグインが読み込めない。

 

記事が参考になったら、「いいね」お願いします^^。

 - Cubase, Cubase初期設定

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top