Cubase Cubase初期設定

CUBASEの音を出す設定をしよう!デバイス設定

更新日:

さあCubaseを始めて立ち上げて、すぐに音を出したいところですが、まずは最初に行っておかなければならない設定があります。

それは、オーディオインターフェース(音を再生・録音する機器)から音を出す設定です。

Cubaseではその設定を下記の場所で行います。

※Cubase全バージョン対応の内容です。

スポンサーリンク

DTMレッスンメイン

デバイス設定

※設定するにあたり、オーディオインターフェースのドライバが、あなたのパソコンに正しくインストールしてあり、またインターフェースがパソコンに接続されている必要があります。

 

デバイス設定の方法

まずは、Cubase上部メニューの中の

メニューデバイス

デバイス

デバイス設定をクリックします。

 

すると下記のウインドウが出ると思います。

デバイス設定のASIOドライバ

上記の画面の、赤い矢印①の「VSTオーディオシステム」をクリックしてください。

そうすると画面が上記の表示に変わると思います。

 

次に、赤い矢印②の「ASIOドライバ」の欄をクリックしてください。

そうしたら、あなたのパソコンに接続してある「オーディオインターフェース」の名前があると思いますので、それを選択してください。

※ここにオーディオインターフェースのドライバが表示されていない場合は、ドライバがあなたのパソコンに正しくインストールされていない可能性があります。

その際は、もう一度オーディオインタフェースのドライバをインストールしてくださいね。

 

詳細設定

詳細設定

マルチプロセッシングを有効化

詳細設定の、ここにチェックが入っているかを確認。

ASIO-Guardを有効化

同じくチェックを入れる。

ASIOーGuardレベル

これは、使い勝手が変わってきます。

基本的に、NOMALにしておけばOKですが、

ミックス時はhighを選び、曲作りはlowを選ぶとBestです。

オーディオ優先度

標準

Steinberg Audio Power Scheme

基本的にチェックなし。

ディスクのプリロード

2秒

録音時のレイテンシーを調整

チェックを入れる

録音開始ポジションオフセット

0サンプル

すべて設定を終えたら、OKを押して終了です。

 

まとめ

今回は、CUBASEを使う前の最初の設定の説明でした。

ここをしっかりと行わなければ、音が正常に再生・録音出来ませんので、一つずつ見ながらしっかりと行いましょう。

【次の記事】CUBASE 新規プロジェクトの正しい作り方

【関連】Cubaseでソフトウェア音源やエフェクトプラグインが読み込めない。

DTMレッスンメイン

DTMレッスンメイン

-Cubase, Cubase初期設定

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.