DTMレッスン教室

*

音楽理論 音程(おんてい)とは

   

前回は、音楽理論 音名(おんめい)を覚えよう ということで説明しました。

今回は、音楽の基本、音程をご説明したいと思います。

DTM音楽理論講座の2回目です。

1. ルート、半音、全音とは

音程とは、音の高さ(広さ)のことをいいます。

音程とは、インターバルと言って、音と音の間隔ともいい色々な言い方はありますが意味合いは同じです。

音程は、音が2つあると発生します。

音程には色々なものがありますが、基本の音程は 全音 と 半音 です。

 

1-1 ルート(根音)とは

音程を理解する上で、まずはルートを覚えましょう。

ルートとは、根音(こんおん)ともいいます。

その音の基点になります。

鍵盤で言うと、C(ド)といったら、Cがルートになり、
D(レ)であれば、Dがルートになります。

 

1-2 半音とは

ここからは鍵盤で説明します。

ルートから、右隣の音が半音になります。

下記を見てください。鍵盤で押した右の音が半音です。

半音

下記の場合

半音2

 

1-3 全音とは

全音とは、ルートから一つまたいだ隣の音になります。

足し算でいうと、半音+半音=全音ということになります。

全音

下記の場合

全音2

 

では、この半音と全音を足し算、引き算で考えて見ましょう。

基本的に、音域は右へ移動すると言うことです。

押した地点ルートから、

右に移動する際は、+ あげる

左へ移動する際は、ー さげる

と考えます。

+-全音

 

2. 全音と半音の問題

では下記問題をかんがえてみてください。

① C(ド)の半音は、

 

答え、C(ド)♯ですね。

② F(ファ)の全音は、

 

答え、G(ソ)ですね。

③ E♭(ミ♭)の半音は、

 

答え、E(ミ)ですね。

④ A(ラ)の全音は、

 

答え、B(シ)ですね。

 

⑤ G♭(ソ♭)の全音は、

 

答え、A♭(ラ♭)ですね。

 

これが基本の音程になります。

 

まとめ. ルート、半音と全音を覚えよう

今回説明した基本の音程は、これからスケールやコードを理解する上で、とても重要になります。

しっかりと覚えて行きましょう。

【関連】音楽理論 音名(おんめい)を覚えよう

【関連】DTM音楽理論講座

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - コード理論, 音楽理論

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top