DTMレッスン教室

*

DTM PCを安定化しよう②デフラグの停止

   

DTMで作業を行っていて急に一時フリーズしたり、音が途切れたりなど、Windowsパソコンが不安定になったりしていませんか。

今回は、前回の『DTM PCを安定化する方法①ユーザアカウント制御』の2回目で、ディスクデフラグツールという機能を、どのように設定すれば良いのかをご説明します。

 

デフラグとは

デフラグというを簡単に説明すると、ハードディスク内にあるデータをきれいに整理して、読み込み速度を上げる機能をいいます。

便利な機能ですが、CubaseやProtoolsなどの作業中にデフラグが行われると、動作が不安定になります。

それを回避する方法です。ではOS毎に説明していきますね。

Windows7の方法

まずは、スタートから

コンピューター

ローカルディスク(C:) の上で 右クリック

プロパティ

すると下記画面が出てくると思います。

ローカルディスクC

上にあるタブの中のツール

最適化するのボタンをクリック

下記のスケジュールの有効化をクリック

ディスクデフラグツール

スケジュールに従って実行する」のチェックを外す

そうすることで、デフラグが自動的に行われなくなります。

 

Windows8,8.1の方法

デスクトップ画面か、またはスタート画面でドキュメントをクリック

エクスプローラー

ローカルディスク(C:)の上で右クリック

Windows7の※1と同じ

 

手動でデフラグをする際のやり方

デフラグは、数ヶ月に1回の割合で手動で行えば問題ありません。その際は下記の方法で行ってみてください。

先ほどの、ディスクデフラグツール画面の

デフラブの分析

ディスクの分析

すると分析を行います

分析が終わったら、ディスクの最適化をクリックで最適化が始まります。

※多少時間がかかりますので、まとまった時間がある際に行ってください。

ディスクの最適化が完了したら終了です。

 

まとめ. DTM PCは安定化させよう

デフラグは、DTMの作業中に行われると不安定になる機能ですので、使わない方が良いですよ。

【関連】DTM PCを安定化する方法①ユーザアカウント制御

 

内容が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - DTM, Windows カスタマイズ

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top