Cubase Cubase基本操作

Cubase スナップ(位置補正)の使い方

Cubaseでスナップとは、MIDIノートオーディオファイルなどの位置を補正する機能のことをいいます。

プロジェクト画面やキーエディター画面で良く使用する便利な機能ですが、今回はこれの使い方を説明したいと思います。

※Cubase全バージョン対応内容です

スポンサーリンク

DTMレッスンメイン

スナップの使い方

プロジェクトやキーエディター内の、上の方にある下記画面の赤い部分がスナップです。

スナップ

灰色はOFFで白くなるとONになります。

そのスナップですが、グリッド線の位置に補正されます。

まずは、下記赤い部分のクオンタイズで補正する間隔を決めます。

クオンタイズ

 

音(MIDIノート)を移動する際に便利

例えば、音を移動する際スナップが入っていなければ下記画面のように、タイミングがずれてしまいます。

頭の位置補正なし

逆にスナップを入れて移動を行なうと、下記のようにタイミングがキレイに揃います。

頭の位置補正あり

 

音(MIDIノート)の長さをコントロールできる

例えば下記画面の赤い矢印ように、MIDIノートがはみ出したものをタイミング良く調整するときに便利です。

長さの調整

先のスナップをONにしたままで、音の調整をすると、下記のように長さがキレイに揃います。

音の長さ補正後

 

まとめ. スナップを使って上手にMIDIを打ち込もう

今回は、基本操作の説明ですが、この機能を使わないと作業効率が悪くなりますので、しっかりと覚えてください。

【関連】Cubaseでコピーアンドペーストをするには

【関連】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

【関連】【オートスクロール】画面が切り替わらないのですが

DTMレッスンメイン

DTMレッスンメイン

-Cubase, Cubase基本操作

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.