Cubase Cubase便利な使い方

Cubase オーディファイルを削除する方法

更新日:

プールからオーディオファイルを削除

Cubaseでは、MIDIとオーディオファイルの2種類を使用しますが、MIDIと違いオーディオファイルはデータサイズが大きいので、使っていくとずっと増え続けていきます。

それらを、Cubaseから完全に削除する方法を今回は説明したいと思います。

※Cubase全バージョン対応内容です。

スポンサーリンク

DTMレッスンモバイル

プールとは

Cubaseでオーディオファイルを管理している場所をプールといいます。

この部分に、録音したボーカルやギター、サンプリングCDなどのファイルが蓄積されていきます。

一度録音した情報は、Cubaseのプロジェクトから消したとしてもプールの中には残っています

ですので、プールを管理せずに曲を作って行けば、1曲で何ギガものデータが増えることになります。

また、Cubaseのプロジェクトを読み込むときも遅くなりますので、整理しなければいけません。

 

ではやり方です。

オーディオファイルの削除の仕方

まずは、Cubaseのメニューから

メディア

メディア

プールを開く

すると下記画面が出てくると思います。

プールを開く

Audioは、使用しているオーディオファイルが入っている場所で、ゴミ箱は入らない情報が入っている場所です。

 

次に、メニューのメディア

Cubaseメニュー

使用していないメディアを削除

メディアを削除

下記のごみ箱をクリック

ゴミ箱へ移動

そうすると、プロジェクト上にあるオーディオファイルは、そのままAudioフォルダの中に、そしてプロジェクト上にないオーディオオーディオファイルは、ゴミ箱の中へと区別されます。

最後もう一度メニューのメディアから

Cubaseメニュー

ゴミ箱を空にするをクリック

下記画面の削除をクリック

ファイルを削除かクリップデータを削除

これで、入らないデータが削除されました。

 

まとめ. 曲作りが終わったら行おう

入らないオーディオファイルが貯まっていくと、ディスクを圧迫しますので、プールの削除はこまめに行いましょう。

【関連】Cubaseをアップデートして最新にしよう

【関連】Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

DTMレッスンモバイル

-Cubase, Cubase便利な使い方

Copyright© DTMレッスン教室 , 2017 AllRights Reserved.