DTMレッスン教室

*

Cubase オーディファイルを削除する方法

   

Cubaseでは、MIDIとオーディオファイルの2種類を使用しますが、MIDIと違いオーディオファイルは使っていくと、データがどんどん増えていきます。

その情報を、Cubaseから完全に削除する方法をご説明します。

 

※Cubase全バージョン対応内容です。

プールとは

Cubaseでオーディオファイルを管理している場所をプールといいます。

この部分に、録音したボーカルやギター、サンプリングCDなどのファイルが蓄積されていきます。

一度録音した情報は、Cubaseのプロジェクトから消したとしてもプールの中には残っています。ですので、プールで管理せずに曲を作って行けば、1曲で何ギガもデータが出来る事になります。またCubaseのプロジェクトを読み込むときも遅くなりますので良くありません。

ではやり方

オーディオファイルの削除の仕方

まずは、Cubaseのメニューから

メディア

メディア

プールを開く

すると下記画面が出てくると思います。

プールを開く

Audioは、使用しているオーディオファイルが入っている場所で、ゴミ箱は入らない情報が入っている場所です。

 

次に、メニューのメディア

Cubaseメニュー

使用していないメディアを削除

メディアを削除

下記のごみ箱をクリック

ゴミ箱へ移動

そうすると、プロジェクト上にあるオーディオファイルは、そのままAudioフォルダの中に、そしてプロジェクト上にないオーディオオーディオファイルは、ゴミ箱の中へと区別されます。

最後もう一度メニューのメディアから

Cubaseメニュー

ゴミ箱を空にするをクリック

下記画面の削除をクリック

ファイルを削除かクリップデータを削除

これで、入らないデータが削除されました。

 

まとめ. 曲作りが終わったら行おう

入らないオーディオファイルが貯まっていくと、ディスクを圧迫しますので、プールの削除はこまめに行いましょう。

【関連】Cubaseをアップデートして最新にしよう

 

内容が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase便利な使い方

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top