DTMレッスン教室

*

Cubase初心者のためのDTM講座 全10回

   

Cubaseで曲を作る際、色々なアプローチで曲を作る事が出来ますが、かえって色々な方法がある為に曲作りを理解するまでの手順が難しく感じられます。

今回は、一つの手順に従いながら簡単な曲を作って行く工程をご説明したいと思います。

Cubase Pro 8を使って説明しますが、7.5以下のバージョンでも同様に行なえますので、参考になさってみてください。

Cubase初心者のための簡単な曲作り講座

今回はこんな曲を作ってみましょう。
サンプルとMIDIを組み合わせた、8小節の短いシンプルな楽曲です。

どうでしょうか。

いきなり良い曲を作ろうとはせず、簡単な曲を作りながら徐々にCubaseの使い方を覚えた方が全体の流れがつかめますので結果的に理解が早くなりますよ。

 

音を出す設定を行なっていない方は、下記内容を参考に行っておいてくださいね。

CUBASEの音を出す設定をしよう!デバイス設定

 

では、始めましょう。

第1回. プロジェクトを作ろう

Cubaseが立ち上がっていると思いますが、まずは新規プロジェクトを作りましょう。

その他

Empty

保存先はドキュメントのプロジェクトで、

DTM講座曲①というフォルダを作りましょう。

詳しい方法が知りたい方は、下記をご覧ください。

CUBASE 新規プロジェクトの正しい作り方

プロジェクトが無事に立ち上がったら、OKです。

 

第2回. プロジェクトの初期設定をしよう

次に、プロジェクトの設定をしておきましょう。

メニューのプロジェクトから

プロジェクト設定

その中の小節数オフセットは、2にする。

サンプリングレートは44.100khz

ビット解像度は、32Bit Floatに設定

PAN LOW設定は、-3dBに設定

プロジェクトの細かい設定は下記を参考にしてください。

CUBASEのプロジェクトの設定をしよう(大切)

 

第3回. 音源を出そう

さて、上記設定が終わったらいよいよ音源を出して見ましょう。

まずは、メニューのデバイス

VSTインストゥルメント

Synth

Halion Sonic Se

開く

細かい立ち上げ方は、こちらを参考にしてください。

Halion sonic SEを使って音を出して見よう

 

ここまでで、一度プロジェクトファイルを保存しておきましょう。

保存の仕方は、

メニューのファイル

名前を付けて保存をクリック

ファイル名は、DTM講座曲①+日付(0603)などとしてください。

下記は保存したファイルの開き方です。
前に作った曲(プロジェクトファイル)の開き方

 

第4回. ピアノでコードを打ち込んでみよう

音源を出したら、早速PIANOでコードを入力してみましょう。

下記に詳しく記載しております。
Cubase ピアノでコードのMIDI打ち込みをしよう

 

第5回. Groove Agent SEでドラムをMIDI打ち込み

PIANOが入力出来たら、次はドラムをMIDI打ち込みしましょう。

Groove Agent SEでドラムMIDI打ち込みをしよう

 

第6回. サウンドブラウザーでパーカッションを入れよう

Cubaseには、オーディオファイルがいくつも入っております。

その中から今回は、サウンドブラウザーの機能を使ってパーカッションのオーディオサンプルの音を入れてみたいと思います。

今回使用した音は、「 Shake 29 Congas Intro 」というファイルです。下記のリンクを参考にオーディオサンプルを出して見てください。

Cubase サウンドブラウザーの使い方

 

第7回. ピアノを分割してリズムを変えよう

第4回で打ち込んだピアノのリズムを変えて見ましょう。

Cubase ピアノ打ち込みを分割して リズムを変えよう

 

第8回. リバーブをかけてみよう

ピアノとパーカッションに、リバーブをかけてみましょう。

Cubase エフェクトの使い方を覚えよう

 

第9回. Mix(ミキシング)で音のバランスを調整しよう

簡単なミックスをして、音量やPANのバランスを調整してみよう。

Cubase Mix(ミックス)の簡単なやり方

 

第10回. ミックスダウンをしよう

ここでは、ミックスダウンを行なうに当たっての必要な使い方と手順を学んでいきます。

Cubase Mixconsoleの使い方のコツを覚えよう

ミックスダウンの方法はこちら『Cubaseミックスダウンの方法(大切)

 

DTM初心者講座まとめ

初心者の方は、良い曲を作ろうとせず簡単な曲の作り方の手順をいかに覚えるかが、DTMを理解する秘訣になります。

今回講座で行なった事は、基本になりますので、何度も記事を見直しながら行ってみてください。

 

内容が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase基本操作

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top