DTMレッスン教室

*

Cubase オートメーションの使い方

   

音量や音の位置を、入力したように自動操作する機能をAutomation(オートメーション)といいます。

今回はこの機能を使って、フェードインや音の位置を変えるなど、基本的な操作方法をご説明します。

※Cubase全バージョン対応の内容です。

オートメーションとは

Cubaseの音量やPANだけでなく、音源の各機能、そしてエフェクトなどを、自動操作してくれる機能です。

たとえば、クレッシェンド(フェードイン)、デクレッシェンド(フェードアウト)や、音を左から右へ振るなどをコントロールできます。

さらにこの機能を使いこなせば、音源やエフェクトもコントロールできますので、より凝った曲作りを行えるようにもなります。

 

ではやり方を説明します。

1. MIDIトラックへのオートメーションの出し方

まずはオートメーションを使いたいトラックを選びます。

※MIDIトラックで説明します。

MIDIトラックをクリックして、右クリック

オートメーションを表示をクリック

するとMIDIトラックに赤い部分が表示されます。ここがオートメーションです。

オートメーション表示

 

1-1 クレッシェンド(フェードイン)のやり方

まずは、ボリュームの隣のRをクリック

オートメーション読み込み

すると緑色に変わると思います。

 

次に、クレッションドを書きたい場所へ移動します。

線の見方

クレッシェンドの横軸が時間(タイミング)で、

縦軸が音量「線を上え上げれば音量最大、線を下へ下げれば音量最小」です。

 

移動したら、まずクレッシェンドしたい開始地点をクリックして点を打ちます。

※間違えて点を打ったら、ツールバーの削除で消すか、選択してDelで消せます。

オートメーション始め

次に、終了地点に点を打ちます。

オートメーション終わり

最後、開始地点に打った点を、下へ下げればクレッシェンドの出来上がりです。

オートメーション全部

 

再生して見てください。クレッシェンドになりましたか。

イメージと違う際は、点を動かして調整してあげればイメージに近づける事が出来ます。

 

1-2 音を左右に振るやり方

次は、音を左から右へ振ってみましょう。

やり方は、オートメーションのボリュームの所を パン に変えます。

オートメーションパン

 

線の見方

PANの横軸が時間(タイミング)で、

縦軸が音の位置「中心線がセンター、線が上へいくと左へ移動、線が下へいくと右へ移動」になります。

 

パンを振りたいところの開始地点に点を打ちます。

オートメーションパン開始

そして、終了地点にも同様に点を打ちます。

オートメーションパン終わり

最後は、開始地点の点を上に、終了地点の点を下に移動します。

オートメーションパン全部

 

どうでしょうか。音が左から右へ移動しましたか。

点を動かして調整してあげればイメージに近づける事が出来ます。

間違えてしまったら、ツールバーの削除で消すか、選択してDelで消して調整してください。

 

まとめ. フェードイン アウト 音の動かし方を理解しよう

今回、音の変化のさせ方をご説明しましたが、ミックスダウンなどでは、音量の変化そして音の移動の仕方が重要でとても奥が深いです。

まずは、簡単な操作から行なわないといけませんので覚えましょう。今回は初心者の方への基本編ですが、しっかりと学んでいってくださいね。

【関連】Cubase スナップ(位置補正)の使い方

【関連】音の強さ 長さを調整する 情報ライン(大切)

【関連】Cubaseの用語を簡単に覚えよう(重要)

 

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

 - Cubase, Cubase基本操作

DTMレッスン

DTMレッスン

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Page Top